PR

【PR】指示書作成まで簡単!運送会社の業務改善に役立つ運行管理システムとは?

公開日:2023/10/10   最終更新日:2023/10/19

現在運送業界では慢性的な人材不足、そしてその影響で管理者やドライバーの業務負担が増大していることが大きな問題となっています。たとえば管理者が行う指示書作成や配車管理といった業務は、管理者の経験や知識による部分が大きく、またさまざまな情報を収集して行うことから、負担の軽減が課題です。

とくに指示書作成においては、現在でもデジタコや指示書作成のシステムのオプションとして、指示書作成のソフトを導入していない運送業者も多く、作成が非常に不便で手間がかかっているのではないでしょうか。また、システムの導入すら行っていない運送会社は手書きで指示書を作成しており、その結果作成時間が長くなったり、ミスが起きたり、受け取った側が読みづらいなどの問題も抱えています。

それに加え「2024年問題」もこれからの運送業界に大きな影響を与えるといわれているのです。2024年問題とは、2024年に施行される働き方改革の関連法案に関するものです。この法案では労働時間が短縮されることから、運送会社の利益減少やドライバーの収入減少、荷主が支払う運賃料の高騰などが予想されています。

これらの問題や課題を改善・解決するためには、少ない人材でも効率的に業務が行え、かつ従業員の手間や負担を減らすための環境を整える必要があるでしょう。そこで導入したいのが、これらの作業をシステム上で行える運行管理システムです。

株式会社データプラスの「指示らくネット」なら運行管理に関するさまざまな問題を解決!

運送業が抱えるさまざまな問題や課題を解決するための運行管理システムですが、多くのシステムが販売されているなかでもとくにおすすめしたいのが、株式会社データプラスの「指示らくネット」です。

運行管理や配車管理を一括で行える

指示らくネットの運行管理機能や配車機能を利用すれば、運行スケジュールの作成や管理、配車などの業務が簡単に行えるようになります。ルート間の距離や時間を自動的に計算してくれるので、スケジュールや見積もりのシミュレーションとしても活用できます。

これまで、管理者が情報を収集していた手間やドライバーと連絡を取る手間なども大幅に減らすことができるので、運行管理業務や配車管理業務にかかる作業時間の短縮にも繋がるでしょう。

指示書の作成も簡単に

乗務前、乗務後いずれも対面点呼ができない場合などには運行指示書の作成が必須となりますが、これも運行管理者にとって大きな負担になっていました。

指示書は、慣れている方でも1件作成するのに1時間程度かかることも珍しくありませんでしたが、指示らくネットを使えば簡単な操作で作成ができるので、その時間を短縮することができます。

新人や初めてでも扱いやすい

簡単な操作で指示書の作成ができるので、新人や初めて指示書を作成する方でも問題なく業務が行えるというのも、指示らくネットを導入するメリットです。Google Mapと連動しており、急な工程変更があった場合でもすぐに変更の対応ができるようになっています。

さらに区間ごとに高速と一般ルートの切り替えを行うことや、高速道路上のSAやPAを探し出して休憩地としてアシスト表示することもできるほか、ルート情報を活用した休憩地の自動設定も可能です。そのため土地勘がないエリアでの指示書作成でも不便さを感じることなく、誰でもスムーズに指示書作成業務が行えるようになるでしょう。

安全対策にも効果を発揮

運行スケジュールにおいてのドライバーの運転時間・拘束時間等を把握することができ、労働状況の把握や改善に役立てることも可能です。さらに法令遵守チェック機能が搭載されているため、該当するドライバーがいる際はアラートが通知され、法令を遵守した運行を指示できるようになります。

たとえば「連続運転時間が4時間を超えた場合、拘束15時間を週2回超えた場合などにアラートを通知し、高速道路上のSA・PAを探し出し、トラックの休憩場所として自動設定ができる」という機能などがあります。これによりドライバーの安全や健康にも配慮でき、運送業界が取り組まなければならない安全対策にも対応できるでしょう。

指示らくネットなら2024年問題にも対応できる!?

2024年問題では、労働時間の短縮により受けられる業務数が減少し、運送会社の収入や従業員の収入が減る可能性が示唆されていますが、指示らくネットを導入することで労働時間の削減が可能になり、効率的に業務が行えるようになります。

また無駄のない配車や効率的なルート指示なども可能になるほか、指示書の作成や日報の作成を自動で行えることから、管理者やドライバーの作業負担を軽減できるでしょう。これによって人材不足などを解消できる可能性もあり、2024年問題や業界が抱える課題に対し、解決策を編み出していくことができるはずです。

ぜひ指示らくネットを早めに導入し、まずは会社が抱える課題を、そして業界が抱える課題を解決するための一歩を踏み出しましょう。

指示らくネットの基本情報

おもな機能 運行計画作成、ルート間の距離・時間の自動計算、法令順守チェック、休憩地設定運行指示書出力など
Googleマップとの連携
問い合わせ電話、メールフォーム
会社情報 株式会社データプラス 佐賀県鳥栖市藤木町1-48
管理人情報の画像
おすすめの運行管理システムを紹介します

こんにちは。私は当サイトを運営している管理人です。現在、運送業界において運行管理システムの導入は必要不可欠です。システムにはさまざまな機能があるため、導入することで業務効率が上がります。


しかし、業者ごとにこだわりがあるためどのシステムを選べばよいか分からなくなるでしょう。最初は私も選ぶのに苦戦しましたが、業者ごとにどんな機能があるのかを把握することで自分に合う運行管理システムを見つけることができました。

「運行管理システムの選び方が分からない」「運行管理システムの選び方を知りたい」などの悩みを抱えている方は、ぜひ当サイトをチェックしてください!