PR
運行指示書の作成に
時間がかかってしまう
車両の位置や業務実績を
リアルタイムで可視化したい
事故を防ぎたい、
安全教育を徹底したい
更新日:2024.01.17

おすすめの運行管理システム7選をご紹介します!

人手不足や人件費削減など、現在運送業界が抱えている課題は多く、どのように解決していくべきか悩んでいる会社も少なくありません。効率的に配送に関する作業を進めていくためにはいくつかの方法がありますが、そのなかでもおすすめしたいのが運行管理システムの導入です。

しかし運行管理システムの導入を検討する際、システムの種類も多く、それぞれ機能や導入費用などもさまざまなので、

・どのシステムを選べばいいの?
・どんな機能が搭載されているの?
・なにに気をつければいいの?

といった疑問や課題が生まれるでしょう。そこで当サイトでは、運行管理システムを導入したい企業や担当者の疑問や課題解決に役立つ情報をまとめてご紹介します。

機能や使いやすさなど、こだわりで選ぶおすすめの運行管理システムや、運行管理システムを導入するうえで知っておきたい情報のほか、WEBアンケートを実施して実際に運行管理システムを導入した方の口コミや評判についてもまとめてご紹介していきます。自社に適した運行管理システムを見つけて、現場の課題を解決しましょう。

運行管理システム比較表

イメージ
会社名指示らくネットNPシステム富士通デジタコアネストシステム運管プロスマートドライブビークルアシスト
特徴Googleマップの機能と連動するインターネット環境さえあればすぐに使えるリアルタイムで動態を確認できる運行計画の作成と管理が一元化できるすべてのドライバーのリアルタイムの運行状況を管理できる導入事例掲載数No.11,000を超える企業に導入されている
費用記載なし記載なし・ITP-WebService V3 Gシリーズドラレコ 月額2,980円/車両
・ITP-WebService V3 Dシリーズドラレコ 月額2,690円/車両
・ITP-WebService V3 Dシリーズ 月額1,980円/車両
・ITP-WebService V3 Fシリーズ 月額1,480円/車両
記載なし月額2,640円/台要問い合わせ端末ご購入プラン
・月額980円(税別)~
など
導入形態クラウドクラウドクラウド記載なしクラウドクラウドクラウド
デジタコとの連携
問い合わせ電話、メールフォーム電話、メールフォームメールフォーム電話、メールフォーム電話、メールフォームメールフォームメールフォーム
会社情報株式会社データプラス
佐賀県鳥栖市藤木町1-48
株式会社NPシステム開発
愛媛県松山市中央1丁目9-13
株式会社トランストロン
神奈川県横浜市港北区新横浜2-15-16 NMF新横浜ビル
株式会社アネストシステム
熊本県熊本市東区尾ノ上2丁目23番1号
東海電子株式会社
静岡県富士市厚原247-15
株式会社スマートドライブ
東京都千代田区有楽町1-1-2 日比谷三井タワー12階
パイオニア株式会社
東京都文京区本駒込2-28-8文京グリーンコート
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

こだわり別!おすすめの運行管理システム

指示書作成におすすめの運行管理システム4選

指示らくネットのメイン画像

指示らくネット

おすすめポイント

01 Googleマップと連携できる
02 法令順守チェックを行ってくれる
03 指示書を簡単に出力可能

Googleマップと連携可能!法令順守チェック機能も搭載されている!

指示らくネットは、Googleマップと連携して運行計画を簡単に作成することができます。運行のスケジュールや見積もりなどのシミュレーションが行えるため、指示書作成の手間を大幅に削減することが可能です。法令順守チェック機能も搭載されており、その内容に基づいてアラート通知もしてもらえます。

基本情報

おもな機能運行計画作成、ルート間の距離・時間の自動計算、法令順守チェック、休憩地設定、運行指示書出力など
Googleマップとの連携
問い合わせ電話、メールフォーム
会社情報株式会社データプラス 佐賀県鳥栖市藤木町1-48

口コミ・評判

便利な機能が多い(Fさん)
区間ごとに時間と距離がでるので便利です。休憩地の候補も出るので素早く指示書を作れるようになりました。

引用元:https://www.data-p.co.jp

運営者コメント
距離があって長時間の運転になる場合もあるため、4時間以上の連続運転や長時間の拘束時間はアラートで知らせてくれるようです。しっかり休憩をとれるように、休憩地の候補を簡単に設定できるのは嬉しいですね。
時間短縮につながっています(Iさん)
以前は10台分作成するのに2時間ほど掛かっていたのですが、導入後は15分~30分ほどで作成できるようになりました。

引用元:https://www.data-p.co.jp

運営者コメント
2時間かかっていた作業が導入後は4分の1ほどの時間でできるようになると、他の作業に時間をかけることができて良いですね。また時間短縮になるだけでなく、国交省が定めた安全基準に沿った運行指示書を正確に出力してくれる点も魅力です。
NPシステムのメイン画像

NPシステム

おすすめポイント

01 インターネット環境があれば使用可能
02 データアップロード方式を採用
03 書類のレイアウトを自由にカスタマイズできる

請求書などのレイアウトを自由に設定可能!いくつかのタイプがある!

NPシステムが提供しているのは受注配車や請求業務、車両管理、収支分析といったことが行える、運送業基幹業務をトータルサポート可能なシステムです。請求書などのレイアウトを自由に設定できるので、非常に使い勝手もよいといえるでしょう。

ブラウザ型の運行管理システムもあり、導入のハードルも低くなっています。

基本情報

おもな機能受注配車、請求業務、車両管理など
Googleマップとの連携記載なし
問い合わせ電話、メールフォーム
会社情報株式会社NPシステム開発 愛媛県松山市中央1丁目9-13
富士通デジタコのメイン画像

富士通デジタコ

おすすめポイント

01 リアルタイム管理が行える
02 帳票自動作成も可能
03 ドラレコ動画無制限

リアルタイムで動態の管理ができて、ドラレコの動画も無制限取得可能!

富士通デジタコには豊富な機能が備わっていて、リアルタイムで動態の確認をすることができます。運行データがクラウドに自動保存されるため、運行中の車両の情報をいつでもチェックできるのです。ドライブレコーダーの動画もいつでも事務所で確認できるようになっているのも安心のポイントです。

基本情報

おもな機能リアルタイム動態、帳票自動作成、ドラレコ連携、勤務時間管理など
Googleマップとの連携記載なし
問い合わせメールフォーム
会社情報株式会社トランストロン 神奈川県横浜市港北区新横浜2-15-16 NMF新横浜ビル

口コミ・評判

管理業務の時間が半分に(大幸工業株式会社さん)
今までは別々のシステムを見ながら情報を突き合わせないと細かいことが分かりませんでした。クラウドデジタコでは運行開始からの状況がずっと追えますから、待機が長引いている事が分かれば荷主様に確認を取ることも出来ます。急な予定変更やお客様からの要望にも、柔軟に対応しやすくなりお客様からも喜ばれています。 今では、電子日報を見れば仕事の取組み方、休憩がとれているか、また運転の評価を通して個々の特性や運転の傾向を「公平に見える化」ができるので、社内教育、運転指導、残業時間の把握と原因追及もできますし、配車効率もあがっています。 また、デジタコ、GPS、ドラレコの情報が集約されていることで、データのアウトプットや分析がしやすくなり思った以上の業務効率化に繋がっています。

引用元:https://www.transtron.com/

運営者コメント
富士通デジタコにはさまざまな機能が搭載されているため、これまでは別々のシステムを見ながら進めていかなければいけなかった作業を簡単に行えるようになるのがやはりありがたいポイントのようですね。急な対応が求められる場面が来たとしても、素早く柔軟に応えられるようになることが分かります。導入すれば確実に効率を上げられることでしょう。
定型作業を削減できた(野々市運輸機工株式会社さん)
帳票の作成や集計作業が格段に早くなりました。 労務管理の集計作業では、デジタコの運行記録を表計算ソフトにコピーしてから集計していました。 一日二時間程度かかっていましたが、今はほぼゼロになりました。 クラウドデジタコの導入で、全体として定型作業は7~8割減りました。 作業時間の短縮や位置確認が楽になって、お客様からの確認にも素早く回答できるようになりました。

引用元:https://www.transtron.com/

運営者コメント
さまざまな作業を行えるシステムを導入していない場合、どうしても工数が必要以上に増えてしまうものですが、総合的に作業が可能なシステムがあれば作業量は大幅に減らすことができます。こちらの事例でも、提携作業は7~8割減ったとのことなので、相当な作業量と時間の削減が期待できるといえるでしょう。作業の無駄を徹底的に削減したい人にはおすすめです。
一連の管理業務の時間が半分に(大幸工業株式会社さん)
デジタコ、GPS、ドラレコの情報を一つにまとめられたのが大きかったですね。 今までは別々のシステムを見ながら情報を突き合わせないと細かいことが分かりませんでした。クラウドデジタコでは運行開始からの状況がずっと追えますから、待機が長引いている事が分かれば荷主様に確認を取ることも出来ます。急な予定変更やお客様からの要望にも、柔軟に対応しやすくなりお客様からも喜ばれています。 今では、電子日報を見れば仕事の取組み方、休憩がとれているか、また運転の評価を通して個々の特性や運転の傾向を「公平に見える化」ができるので、社内教育、運転指導、残業時間の把握と原因追及もできますし、配車効率もあがっています。 また、デジタコ、GPS、ドラレコの情報が集約されていることで、データのアウトプットや分析がしやすくなり思った以上の業務効率化に繋がっています。

引用元:https://www.transtron.com

運営者コメント
日々の運転の分析がしやすくなったため、運転指導や残業時間の把握もでき、配車効率も上げることができたようです。また、必要な情報がわかりやすくまとめられているため、業務の効率化にも繋がったのですね。
クラウドデジタコの活用で定型作業を7~8割削減(野々市運輸機工株式会社さん)
帳票の作成や集計作業が格段に早くなりました。 労務管理の集計作業では、デジタコの運行記録を表計算ソフトにコピーしてから集計していました。 一日二時間程度かかっていましたが、今はほぼゼロになりました。 クラウドデジタコの導入で、全体として定型作業は7~8割減りました。 作業時間の短縮や位置確認が楽になって、お客様からの確認にも素早く回答できるようになりました。

引用元:https://www.transtron.com

運営者コメント
クラウドデジタコを導入したことで、労務管理の集計作業が短時間ででき、運行管理が楽になったようで良かったですね。また、リアルタイムで情報を確認できるため客先からの確認にも素早い対応ができるようになったようです。
アネストシステムのメイン画像

アネストシステム

おすすめポイント

01 運行計画の作成と管理を一元化できる
02 入力が簡単
03 地図から指示書を作成可能

運行計画の作成だけでなく管理を行うこともできる!入力がとても簡単!

アネストシステムが販売・保守を行っている運行指示書作成ソフトでは、運行計画の作成と管理が一元化できるようになっています。運行に関するさまざまなことを一元化できるため、煩わしかった作業が急激に効率化することが見込めるのです。入力はとても簡単なため、操作で手間取る心配もありません。

基本情報

おもな機能運行指示書作成、帳票出力など
Googleマップとの連携記載なし
問い合わせ電話、メールフォーム
会社情報株式会社アネストシステム 熊本県熊本市東区尾ノ上2丁目23番1号

動態管理におすすめの運行管理システム4選

指示らくネットのメイン画像

指示らくネット

おすすめポイント

01 アラート機能搭載
02 日報アプリ機能もある
03 車両ごと・乗務員ごとの一覧化もできる

ドライバーの各種時間を自動集計し、基準を超えたらアラートでお知らせ!

指示らくネットは、ドライバーの運転時間や拘束時間といったことを集計して、そうした時間を厚生労働省の改善基準告示をもとにチェックしてくれる機能が搭載されています。そのため、勤務時間などに問題があればすぐにわかるので安心です。アプリで日報を作成できるようになっているのも魅力的です。

基本情報

おもな機能運行計画作成、ルート間の距離・時間の自動計算、法令順守チェック、休憩地設定、運行指示書出力など
Googleマップとの連携
問い合わせ電話、メールフォーム
会社情報株式会社データプラス 佐賀県鳥栖市藤木町1-48

口コミ・評判

使いやすさが向上している(Mさん)
自動計算される速度を補正できるようになったり、操作性の向上など、小まめにアップデートされるので使いやすくなってます。

引用元:https://www.data-p.co.jp

運営者コメント
動態管理をリアルタイムで行うことで客先からの問い合わせや遅延発生時があっても素早い対応ができますし、業務効率が上がりますね。システム自体がこまめにアップデートし使いやすさも向上しているということも常にユーザー視点で考えられているように感じられて好印象です。
大変助かります(Tさん)
よく知らない場所でも法令上必要な休憩を自動で選択してくれるので、都度調べる手間がなくなりました。

引用元:https://www.data-p.co.jp

運営者コメント
慣れない土地で大型車が駐車しやすい休憩場所を探すのは大変ですよね。これもシステムが自動で候補を表示してくれるため、「休憩時間をとれなかった」ということにもならず安心ですね。
運管プロのメイン画像

運管プロ

おすすめポイント

01 クラウドタイプ
02 ダッシュボードで簡単操作
03 アルコール検知器連動可能

クラウド対応デジタコでリアルタイム動態管理ができる!

運管プロでは、リアルタイムで動態管理ができるようになっています。運行管理に必要な日報管理・稼働実績の集計・拘束時間管理・改善基準告示違反のチェックといったことが標準機能として搭載されているため、動態管理ではかなり役立つのです。クラウド対応ドラレコも存在し、そちらも活用できます。

基本情報

おもな機能運行管理、労務管理など
Googleマップとの連携記載なし
問い合わせ電話、メールフォーム
会社情報東海電子株式会社 静岡県富士市厚原247-15
スマートドライブのメイン画像

スマートドライブ

おすすめポイント

01
02 使いやすい
03 安心のサポート

課題解決に必要な機能が揃い踏みで、日々アップデートされている!

スマートドライブには、現場での課題を解決するために必要な機能が豊富に搭載されています。それだけでなく、そうした機能が日々アップデートされて行っているのが強みです。そのため、車両管理システムではしばしばあるような「実際の位置と違っている」といったことが起こりづらくなっています。

基本情報

おもな機能走行履歴・安全運転診断、車両予約、稼働状況確認など
Googleマップとの連携記載なし
問い合わせメールフォーム
会社情報株式会社スマートドライブ 東京都千代田区有楽町1-1-2 日比谷三井タワー12階

口コミ・評判

直感的に運用できる(東邦運輸倉庫株式会社さん)
他社の車両管理システムは使ったことがありませんが、スマホアプリが分かりやすく、直観的に運用できますので、デジタルに慣れていない年配ドライバーでも簡単に操作できます。また、私の部門は保有台数そのものは少ないですが、協力企業を含めるとトラックが20台以上になります。SmartDriveデバイスはシガーソケットに挿すだけで運用が開始できますので、どんな車両にも簡単に取り付けができ、同じ指標で運転が可視化できるので助かっています。

引用元:https://smartdrive.co.jp/

運営者コメント
ドライバーは会社によっては年配の方も多いものなので、そういった方でも使いやすいというのはよいですね。直感的に運用できるスマホアプリであれば、操作に困る人も少ないことでしょう。 たくさんのトラックを抱える会社であっても、シガーソケットに挿すだけで運用開始できるのなら、導入の手間も少なそうです。どんな車両にも取り付けられるというのもうれしいですね。
負担を軽減(有限会社渡辺建設さん)
一番のメリットは、配車係の負担を軽減できたことです。現場に行って大型車両が入れなかった時、差し込みで緊急の仕事依頼をしたい時など、全車両の現在地がひと目で把握できるため、刻々と変わる状況にも、臨機応変に対応することができるようになりました。 実は当初、一部のドライバーから「監視されているみたいで嫌だ」と、反対の声が上がっていたんです。しかし、導入によって電話連絡が減り、ドライバーが運転に集中できる環境を整えることができましたし、結果として業務効率も上がり、大幅に負担を減らすことができましたので、今はポジティブに捉えてもらっていると感じます。

引用元:https://smartdrive.co.jp/

運営者コメント
配車係は常にさまざまな事態に対応することが必要となるので、臨機応変に対応することができるようになるのであればぜひとも利用を検討してみたくなりますね。最初のうちは監視されているようで抵抗感を持つドライバーもいたようですが、確かな成果が上がったことでポジティブな反応につながったというのはかなり信頼できる実例だといえるでしょう。
手軽さが魅力(健康住宅株式会社さん)
やはり「手軽さ」という点が大きな魅力だと思っています。SmartDrive Fleetはデバイスを装着して走るだけでデータが取れ、条件を指定すると蓄積された走行データが全てレポートという形で分かりやすく可視化されます。特に、運転スコアについてのレポートは、ドライバー側にとっても管理側にとっても分かりやすく、安全運転指導がしやすくてとても助かっています。

引用元:https://smartdrive.co.jp

運営者コメント
シンプルで誰にでもわかりやすく走行データが可視化されるため、システムに慣れていない方でも直感的な操作ができるようです。導入後もスムーズに運用できるようにサポートしてくれるのも安心感があっておすすめです。
管理体制の強化に役立っています(株式会社ちゃりカンパニーさん)
ブラウザ上でリアルタイムに車両の位置情報を可視化できるようになったことで、「今・誰が・どこにいるのか」詳細に把握できるようになり、一番の目的であった管理体制の強化は実現できたと思っています。シガーソケットに挿し込むだけですし、設定も簡単なので、スムーズに利用を開始できたというのも大きなポイントですね。 今、自分がどこでどのような運転をしているのか、一日のスケジュールの中で、今どの辺りを消化しているのかが他者の視点で確認できるので、実際に運転をしている私自身も安心感があるんです。導入後はより、安全運転に注力するようになりましたね。

引用元:https://smartdrive.co.jp

運営者コメント
車両の位置情報をリアルタイムで確認できるため、遅延情報や休憩場所が知れるだけでなくドライバーの安全確認もできます。ドライバー自身も可視化された走行データを見ることで、運転のクセを把握できたり、安全運転の促進に繋がっているのですね。
ビークルアシストのメイン画像

ビークルアシスト

おすすめポイント

01 事故を減らせる
02 日報・月報の自動作成
03 リアルタイムの稼働確認

事故防止のための機能が豊富に揃っている!管理機能も充実!

ビークルアシストには、事故防止のための機能がたくさん搭載されています。危険運転への警告、安全運転支援レポート、運転評価メール、危険挙動の可視化といった機能があるため、ドライバーが危険な運転をする可能性を減らすことが可能です。車両管理のための機能も豊富で、動態管理に役立ちます。

基本情報

おもな機能危険挙動の可視化、安全運転支援レポート、日報の自動作成など
Googleマップとの連携記載なし
問い合わせメールフォーム
会社情報パイオニア株式会社 東京都文京区本駒込2-28-8文京グリーンコート

口コミ・評判

安心して外回りの運転が可能(匿名のユーザーさん)
安心して運転業務に繋げられるツールを探していましたが、導入してみて事故防止につながる対応が多くこの評価にさせていただきました。安全運転につながる指導レポートや、しっかりとしたドライブレコーダーなど何事もトラブルは未然に防ぐことで、毎日の業務を効率的にこなすことにつながっています。

引用元:https://boxil.jp/

運営者コメント
ビークルアシストの強みは事故防止のための機能が豊富に搭載されていることですが、実際に導入したこちらの方もやはり事故防止のための機能が優れていると感じたようですね。指導レポートやドライブレコーダーといった機能のおかげで、安全かつ効率的に業務をこなせていることが伺えます。安全を第一に考えるなら、最適なシステムといえるでしょう。
現場と管理部門を映像で繋いで、車両の管理効率が上がりました(小玉 明広さん)
運転中の危険を察知した際に、管理部門のオペレータにリアルタイムで映像付きのアラートを飛ばしてくれるので、注意事項を伝達しやすく、現場ドライバーへの安全運転指導が格段にしやすくなった。安全運転スコア等も機械採点で実施することにより、ドライバーごとの公平な評価を実施しやすくなった。

引用元:https://boxil.jp/

運営者コメント
ドライバーに危険が迫った場合などにオペレーターにアラートが飛ぶようになっているのはビークルアシストの特徴的な機能のひとつですが、こちらの方はまさにその機能を便利だと感じているようです。注意事項を伝達するにしても、そうしたアラートの情報があれば確かに指導が圧倒的に楽になることでしょう。公平な評価ができるようになるというのも魅力的です。
車両管理機能でルートの無駄をあぶり出し、コスト削減に(株式会社クリーン開発さん)
【「ビークルアシスト」を導入してみて、改めてお気付きになった点はありますか?】 リアルタイムな動態管理により、廃棄物回収車がいまどこにいるのか一目瞭然なので、ムダな動きというものが見えるようになりました。他の社有車の方が近い場所に居たのにもかかわらず、遠くからその現場に向かう車があったり、必要以上の台数で走っていたりなど。今まで気付かなかった業務上のムダが可視化されたのは大きなメリットです 近場にいる車に回収に向かわせるなどの、ルート改善が適宜可能になったことで、業務全体の生産性が上がりそうです。安全対策から導入した『ビークルアシスト』ですが、業務効率の向上にも貢献してくれるでしょう

引用元:https://mobility-service.pioneer.jp

運営者コメント
リアルタイムな動態管理を行うことで業務上の無駄な動きを把握できたようです。今までは気づけなかったことをシステム導入によって可視化し、業務の効率化・生産性に繋げることができるのは嬉しいですね。
映像録画機能の充実が、導入の決め手に(株式会社アイダ設計さん)
【数ある運行管理システムのなかで、「ビークルアシスト」を導入する決め手になったのは、どういった機能ですか?】 映像を残す機能です。事故を起こした際に『事故の前は何をしていたのか』というところも詳しく知りたいものです。『ビークルアシスト』なら、道路状況を映す外側のカメラだけでなく、車内のドライバーの様子を映すカメラもあり、そこがポイントでした。価格面を考えあわせたうえでもコストパフォーマンスが高く、メリットがあるという判断です。 実際に映像を確認してみると、ドライバーが携帯で話していたり、よそ見をしていたりという事実が確認されたので、所属部署の上長から注意をしています。 以前は映像がなかったので、事故再発を防止する教育が難しかったのですが、実際の映像を見せながら話すと、指導がしやすいですね

引用元:https://mobility-service.pioneer.jp

運営者コメント
事故直前の周りの道路やドライバーの状況などの詳細な事実確認ができていなかったようです。導入後は詳細にわかるようになり、実際の映像を使用した教育で再発防止できるようになったようです。危険な運転があった際はドライバーに警告されるので、安全運転意識の向上にも繋がりますね。

こだわり別!おすすめの運行管理システム

運行管理システムについて

運行管理・車両管理システムとは?主な機能を紹介

運行管理・車両管理システムとは?主な機能を紹介の見出し画像

運送業界で注目されている運行管理システム(車両管理システム)ですが、じつはどのようなことができるのか詳しく知らないという方もいるのではないでしょうか。ここではそんな方のために、運行管理システムの概要や主な機能についてご紹介していきます。

運行管理システムとは?主な機能を紹介

運行管理システムとは、管理している本部と車両を連携し、リアルタイムで車両の状況を把握できるシステムです。これにより配車やルートの最適化などを行うことができ、より効率的に配送を管理できるようになります。

また従来使用されていたデジタルタコメーターとは異なり、搭載したデバイスから送られてきたデータを確認できるので、オンタイムで車両単位での管理や安全運転のためのサポートなどを行えるのも運行管理システムの大きな特徴です。車両に搭載する車載機タイプのほかに、スマートフォンなどのデバイスを利用するサービスもありシステムも多様化しています。

そんな運行管理システムには豊富な機能が搭載されていますが、その機能は「運行業務に関する機能」と「事務業務に関する業務」の大きく2種類に分けることができます。

運行業務に関する機能

まずは運行業務に関する機能について詳しく見ていきましょう。

運行管理機能

運行管理機能は、データベースを活用して配送ルートやクライアントまでの所要時間を確認し、的確な運行計画を策定する機能です。運行計画の作成には運行に関するさまざまな情報を柔軟に扱うスキルが求められ、これまでは豊富な知識や経験を持つ人材にしかこなせない業務でもありました。

しかし運行管理機能を使えばこの業務を一括で行えるため、人件費の削減や人材不足解消に繋がるほか、従業員の作業時間の短縮や人材の有効活用もできるようになります。またリアルタイムの渋滞や事故情報も取り入れられるので、ルートの修正も行うことができ、配送の遅延を防ぐことも可能です。

配車管理機能

配車管理機能は、シミュレーションを使って各運行のルートや時間から必要な台数を計算し、もっとも効率的な配車台数を算出する機能です。最小限の配車台数で配置を行えるように管理できるので、ドライバーを無駄に配置することがなくなり、人件費や燃料費の削減を実現します。

もちろん、これまで配車台数が多かったことで出勤せざるを得なかったという状況を改善できるので、ドライバー一人ひとりにかかる負担も大幅に軽減することができるでしょう。この機能では運行業務全体に関するコストを削減し、より効率的な業務をサポートします。

動態管理機能

動態管理機能は、GPSによってドライバーの現在地や交通情報を把握する機能です。この機能を活用することで、事故や渋滞などのハプニングにも柔軟に対応することができ、業務の滞りや遅延を未然に防ぐことが可能です。

また万が一のトラブルで緊急駆けつけ対応が必要になった際に、リアルタイムで車両に指示を出すこともできます。配車管理機能と連携して使用することで、より効率のよい集配ができるようになるでしょう。

安全運転管理機能

安全運転管理機能は、ドライバー一人ひとりの特性や運転の癖を把握し、安全運転のための指導を行える機能です。急加速や急発進などの危険な運転を検知し、事故防止のサポートを行うことができます。

事故はどんなに気をつけていても巻き込まれてしまうこともあり、完全に排除することは不可能ですが、自ら事故を起こさないよう徹底した安全管理を行うことは不可欠だといえます。ドライバーの意識を変えたり命を守ったりするためにも、しっかりと活用したい機能です。

事務業務に関する機能

ドライバーや管理者の負担となる事務業務に関しても、運行管理システムがサポートしてくれます。

運行指示書作成機能

運行指示書は48時間以上の運行をする場合に携帯必須となる書類ですが、その作成も運行管理システムで対応可能です。運行指示書には運行日時や目的地到着予定時刻、経路や経由地の日時、休憩時間及び休憩場所などの運行にあたっての計画を記載します。

また48時間を超えない運行でも、時間の変更を理由に出発も到着も対面点呼ができなくなった場合や、運行内容に変更があり48時間を超えてしまう場合にも、ドライバーに連絡して作成する必要があるのです。この作成は運行管理者が行いますが、多くのドライバーを抱える会社では運行管理者の負担も大きいため、運行指示書作成機能を使えば負担を軽減できるでしょう。

日報・運転手台帳作成機能

運行管理システムには、日報や運転手台帳を作成する機能も搭載されています。日報は業務後にドライバーが作成しますが、走行時間や滞在場所、点検事項などの幅広い情報を収集して記載する必要があり、ドライバーにとって大きな負担のひとつでした。

日報作成機能を使えばこれらの情報を簡単に取得してまとめることができるので、ドライバーの負担を大きく減らし、勤務時間の短縮にも役立つでしょう。また運行管理システムには、運転手台帳を作成する機能もあります。

運転手台帳は道路運送法などにより作成・保管が義務付けられているもので、この機能を使えばドライバー一人ひとりの健康情報や免許情報などを管理することができます。システム化することで情報の更新も容易になるため、事務作業の手間を減らすことができるでしょう。

分析・レポート作成機能

分析・レポート作成機能は、各車両のデバイスから送られてきたさまざまな情報やデータを分析し、レポートとしてまとめられる機能です。作業実績や運行情報が蓄積され、車両やドライバーの稼働状況も集計できるので、より正確な車両台数や人員配置を行えるようになるでしょう。

これまでスタッフの経験などをもとに行われていた配置も、しっかりと数値として見ることで無駄や不足が見えてくるはずです。ドライバーの業務環境改善や人件費の削減などさまざまな面で役立つでしょう。

運行管理・車両管理システムを導入するメリット

運行管理・車両管理システムを導入するメリットの見出し画像

運行管理システムには、運送業界でのさまざまな課題を解決してくれるようなたくさんのメリットがあります。ここではそのメリットについて詳しくご紹介するので、導入を悩んでいる方はぜひチェックしてみてください。

コスト削減

運行管理システムを導入する大きなメリットとして、コスト削減が実現するということが挙げられます。運行管理システムは過去のさまざまなデータが蓄積されていくので、これまでの無駄や改善できる点を可視化することができるのです。

たとえば必要最低限の配車数を算出することで、本来必要なかった人件費や燃料費を節約することができます。また渋滞ポイントや交差点の右折回避など交通に関する情報を活用すれば、時間的なコストも削減でき、ドライバーの負担も減らすことができるでしょう。

また燃費の推移も数値として確認することができるので、車種や運用方法などの問題に気づけるかもしれません。さらに運行計画書や日報の作成もシステム上で完結するため、人件費の削減や諸経費の削減にも繋がるはずです。

このように運行管理システムを導入することで、さまざまなコストダウンを実現することができ、経営状況の改善や無駄な経費の削減を行っていくことができるでしょう。

業務効率化

運行管理システムは業務効率化においても大きな役割を担ってくれます。すでにご紹介しているように、運行管理システムには業務に関するさまざまな機能が搭載されており、これまで紙ベースで管理していたものや人の手による管理だったものをすべてシステム化することができます。

たとえば運行計画や配車業務がそのひとつで、これらにはルートや積載量、運行日時や場所といったさまざまな情報を柔軟に扱うスキルが求められるうえに、豊富な経験や知識を持っている方でないと難しい業務でした。運行管理システムは、これまでの蓄積されたデータや現在の道路の状況などから、自動的に運行計画の作成を行い適切な車両の配置を行ってくれるので、人の手による業務よりも時間を短縮できるのです。

属人化の問題も解決することができるので、業務効率化とともに人員不足などの解消にも繋がるでしょう。またこれ以外にも、日報の作成や台帳の作成といった時間のかかる作業もすべてシステム上で行えるようになるので、スタッフ全員が効率的に業務できるようになるはずです。

運転手・管理者の負担軽減

運行管理システムは、ドライバーや管理者の負担を軽減できることも大きなメリットです。さまざまな業務をシステム化することで、人の手による作業を減らせるため、ドライバーや管理者が行っていた業務の負担を軽減できるのです。

たとえば日報の作成はドライバーが業務後に、運行時間や休憩場所などのさまざまな情報を確認して作成する必要がありましたが、運行管理システムを使えば一瞬でこれらの情報を収集してまとめることができます。時間の短縮はもちろん、より正確な記録ができるのもメリットで、過重労働の防止や改善のためのサポートも的確に行えるようになるでしょう。

もちろん、運行管理者が行っていた運行計画作成や配車管理などもシステム上で完結するので、業務時間が短縮した分ほかの業務にあたってもらえるなど、人員の有効活用も可能にしてくれます。

安全対策

運輸業界での大きな課題でもある安全対策についても、運行管理システムを導入することで効果的に行えるようになります。運行管理システムでは、一人ひとりの運行状況が可視化されるので、これまでの自己申告制では見えなかった過重労働なども把握できるのです。これにより、ドライバー労働状況を改善できることから、過労などが原因で起こる事故を未然に防ぐことができるでしょう。

また運行管理システムでは、ドライバーごとの運転の癖なども情報として取得できます。スピードの出しすぎや急ブレーキなど、事故に繋がりやすい運転の癖の改善など個人に合わせた的確な指導が行えるため、より効果的な安全対策を講じられるようになるでしょう。

国土交通省の統計データを見ても、運送事業用自動車の事故は非常に高い数値を記録しています。ドライバーやその家族の生活を守り、安全を確保するためにも、運行管理システムの導入で安全対策を行っていくことが大切です。

運行管理・車両管理システムを導入する注意点

運行管理・車両管理システムを導入する注意点の見出し画像

運行管理システムにはさまざまなメリットがあることはご紹介しましたが、導入するうえで知っておきたい注意点もあります。いざ導入してからトラブルにならないようにするためにも、注意点についてもよく理解しておきましょう。

社内環境を整備する必要がある

これまで、運行計画書作成業務や日報の作成などのあらゆることを手作業で行い、管理も紙ベースだったというアナログな会社の場合は、運行管理システムを導入する前に社内環境を整備する必要があります。システムごとに多少異なりますが、リアルタイムで車両の状況を確認するためには、GPSなどの車載機の購入やシステムを管理するための機材の準備も必要です。

また、システムを利用するためのPCもシステムに対応できるスペックが必要なので、場合によっては買い替えも検討することになります。さらに社内でのネット環境の構築なども必要であり、システム化することによる人員面での整備も行わなければなりません。このような環境を整備したうえで、初めて運行管理システムの導入に進むことができるのです。

従業員が使いこなせない可能性がある

アナログな管理を行っていた場合、急にすべての管理をシステム化してしまったり複雑なシステムを導入してしまったりすると、従業員が使いこなせない可能性もあるので注意しましょう。とくに長年同じ方法に慣れてきた方にとっては、新しいシステムが受け入れ難いかもしれません。

そのためまずは導入の目的を明確にし、その旨を従業員にもしっかりと伝えて理解を得ることが大切です。またどのような方でも使いやすい機能のシステムを選んだり、サポート体制が充実しているものを選んだりすることも、導入を成功させるために重要なポイントです。せっかく導入したシステムを無駄にしないためにも、従業員への配慮や説明はしっかりと行いましょう。

運行管理・車両管理システムを選ぶ際、重視するポイントは? WEBアンケートで調査!

ここまで運行管理システムについて解説してきましたが、実際に運行管理システムを選ぶとしたら、どのようなポイントを重視したいと考える方が多いのでしょうか?当サイトではWEBアンケート調査を実施したので、その結果を見ていきましょう。

第1位は「分かりやすいか、操作しやすいか」でした。せっかく導入したのに使いこなせず不便を感じるなんてことは避けたいでしょう。運行管理システムを選ぶ際は、わかりやすさや操作のしやすさを重視することが大切です。

例えばGoogleマップで運行計画の作成や休憩地の設定が簡単にできたり、ルート間の距離・時間を自動計算する機能が搭載されていれば非常に便利でしょう。また作成したルートの変更や追加・複製が可能でデータが蓄積されるシステムだと使えば使うほどに便利に利用できるようになります。

第2位は「ほしい機能が搭載されているか」でした。搭載されている機能は運行管理システムによって異なります。事前にどのような機能が必要であるかを明確にして、どの運行管理システムが合っているのかを判断してください。

第3位は「予算に見合っているか」でした。いくら操作性や機能性が優れていても予算を大幅にオーバーしてしまっていたら導入することが難しいでしょう。予算に収まる価格で、わかりやすく使いやすい業務を効率化してくれる運行管理システムを選んでください。

アンケートの結果は以上となります。次の見出しでは運行管理システムを選ぶポイントについて、さらに詳しく解説します。

運行管理・車両管理システムを選ぶポイント

運行管理・車両管理システムを選ぶポイントの見出し画像

運行管理システムの導入を進めている会社が増えたことで、運行管理システムの数や種類も増えていることから、どのシステムを選べばいいか分からないと感じている方もいるのではないでしょうか。ここではそんな方のために、運行管理システムを選ぶ際にチェックしたいポイントをご紹介します。

機能

運行管理システム選びでまずチェックしたいのが、搭載されている機能です。最適な機能がなければ導入しても使いこなすことができなかったり、大きな効果を得られなかったりする可能性があるので注意しましょう。

最適な機能を把握するためには、まず改善したい課題や問題を把握し、そのためになにが必要なのかを知ることが大切です。特定の業務のみをシステム化したいのであれば、機能が少なくシンプルなものを選ぶべきですし、業務全体をシステム化したいのなら、さまざまな機能が網羅されているものを選ぶべきです。

また同じ機能によっても、システムごとに使い勝手や必要な機器などが異なることもあるので、システム自体だけでなく準備が必要なものなども含めてチェックすると後悔しにくいでしょう。

使いやすさ

とくに初めて運行管理システムを導入する場合は、使いやすさを重視して選ぶのがおすすめです。実際にシステムを利用するのはドライバーや管理者なので、そのスタッフたちが苦労せずに受け入れられるかがとても重要になってきます。

日常的に使うものでもあり、業務の大半に関わってくることもあるので、システム管理者だけでなくドライバーの意見も取り入れて、使いやすいものを選びましょう。またスマホやタブレット、専用端末など運用に必要なデバイスの使いやすさ、導入のしやすさなども合わせて確認するのがおすすめです。

どんなに豊富な機能が搭載されているシステムでも、使いにくければ浸透しません。導入したものの、誰も使いこなせないという事態にならないためにも、見た目や機能をしっかりと吟味して選びましょう。

柔軟性

システムを業務に合わせて、どの程度カスタマイズできるのかもシステム選びでチェックしたいポイントです。基本的に運行管理システムはどのような会社にも必要な機能が搭載されており、使いやすさなども考慮されていますが、会社によって業務内容や作業フローは異なるので、既存のシステムだけでは不便さを感じてしまうこともあります。

柔軟性の低いシステムを導入してしまうと、実際の業務に適用できないなどのトラブルに発展する可能性もあるので、どのようなカスタマイズができるのか、機能は追加できるのかなどを考慮してシステム選びをしましょう。

最適な運行管理・車両管理システムを導入しよう!

運行管理システムは業務効率化やコストの見直し、また従業員の作業負担の軽減や安全対策など幅広いサポートをしてくれることから、業務への課題が多い会社は早めに導入するのがおすすめです。たくさんの運行管理システムが発売されていますが、自社での使いやすさや柔軟性などを比較検討して、最適な運行管理システムを導入しましょう。そして、より従業員が安心して働ける業務環境を整備してください。

【PR】指示書作成まで簡単!運送会社の業務改善に役立つ運行管理システムとは?

運送業界では慢性的な人材不足が大きな問題となっています。また管理者が行う指示書作成や配送指示といった業務は経験や知識による部分も大きく、負担の軽減が課題です。それに加え「2024年問題」もこれからの運送業界に大きな影響を与えるといわれています。

これらの問題や課題を改善・解決するためには、少ない人材でも効率的に業務が行え、かつ従業員の手間や負担を減らすための環境を整える必要があるでしょう。そこで導入したいのが運行管理システムです。

Googleマップと連携可能!指示書作成の手間を削減できる 「指示らくネット」の魅力とは?

運行管理システム比較表

イメージ
会社名指示らくネットNPシステム富士通デジタコアネストシステム運管プロスマートドライブビークルアシスト
特徴Googleマップの機能と連動するインターネット環境さえあればすぐに使えるリアルタイムで動態を確認できる運行計画の作成と管理が一元化できるすべてのドライバーのリアルタイムの運行状況を管理できる導入事例掲載数No.11,000を超える企業に導入されている
費用記載なし記載なし・ITP-WebService V3 Gシリーズドラレコ 月額2,980円/車両
・ITP-WebService V3 Dシリーズドラレコ 月額2,690円/車両
・ITP-WebService V3 Dシリーズ 月額1,980円/車両
・ITP-WebService V3 Fシリーズ 月額1,480円/車両
記載なし月額2,640円/台要問い合わせ端末ご購入プラン
・月額980円(税別)~
など
導入形態クラウドクラウドクラウド記載なしクラウドクラウドクラウド
デジタコとの連携
問い合わせ電話、メールフォーム電話、メールフォームメールフォーム電話、メールフォーム電話、メールフォームメールフォームメールフォーム
会社情報株式会社データプラス
佐賀県鳥栖市藤木町1-48
株式会社NPシステム開発
愛媛県松山市中央1丁目9-13
株式会社トランストロン
神奈川県横浜市港北区新横浜2-15-16 NMF新横浜ビル
株式会社アネストシステム
熊本県熊本市東区尾ノ上2丁目23番1号
東海電子株式会社
静岡県富士市厚原247-15
株式会社スマートドライブ
東京都千代田区有楽町1-1-2 日比谷三井タワー12階
パイオニア株式会社
東京都文京区本駒込2-28-8文京グリーンコート
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

【FAQ】よくある質問

導入前にトライアルはできますか?
無料トライアルを行っているところが多いようです。
利用可能エリア、導入サポートの可能なエリアを教えてください。
インターネットにつながるパソコンをお持ちであれば、全国どこでもご利用サポートも可能な場合が多いようです。
どんな企業が使っていますか?
一般貨物、ECや宅配、食品、建材、ダンプ、中長距離 貨物、冷凍冷蔵などの運送業の利用が多いようです。
運行管理システムの導入にはどのようなメリットがありますか?
運行管理システムの導入には効率向上、コスト削減、リアルタイムなデータ管理、トラッキング、スケジュール管理など多くのメリットがあります。これにより、業務の効率化やサービス品質の向上が期待できます。
運行管理システムはどのようにしてリアルタイムにデータを管理するのですか?
運行管理システムは大抵GPSやセンサーデータを活用し、リアルタイムで車両の位置情報や運行データを収集・表示しています。これにより、配送状況をリアルタイムに把握し、問題が発生した場合に迅速な対応が可能です。
運行管理システムを選ぶ際、気を付けることはありますか?
選択の際には、スケーラビリティ、カスタマイズ性、サポート体制、セキュリティ、コストなどが目的・ニーズにあっているかを確認しましょう。また、実際のユーザーレビューや評判も確認することが重要です。

【その他】運行管理システム

モバロケ
会社名モバイルクリエイト株式会社
住所〒870-0823 大分県大分市東大道2丁目5番60号
電話番号097-576-8181
Eagle Sight
会社名住友電気工業株式会社
住所〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜4丁目5−33
AI-Contact(アイ・コンタクト)
会社名ジェネクスト株式会社
住所〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-8-12
DiSynapse(デシナプス)
会社名株式会社 情通
住所〒982-0024 宮城県仙台市太白区砂押南町2番3号 日興ビル3F
電話番号022-748-0788
docoですcar
会社名エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
住所〒100-8019
東京都千代田区大手町2-3-1 大手町プレイスウエストタワー
DRIVEBOSS
会社名パナソニック カーエレクトロニクス株式会社
住所〒140-0013 東京都品川区南大井6-22-7
KITARO
会社名株式会社アクシス
住所〒105-0003 東京都港区西新橋二丁目3番1号
MIMAMORI
会社名いすゞ自動車株式会社
住所〒220-8720
神奈川県横浜市西区高島一丁目2番5号 横濱ゲートタワー
電話番号
045-299-9111
mineoセーフティドライブサービス
会社名株式会社オプテージ
住所〒540-8622 大阪市中央区城見2丁目1番5号 オプテージビル
TUMIX(ツミックス)
会社名株式会社TUMIX
住所〒420-0859 静岡県静岡市葵区栄町1-3 鈴与静岡ビル 4階
電話番号050-3512-3929
トラッカーズマネージャー
会社名株式会社Azoop (Azoop, Inc.)
住所〒105-0012 東京都港区芝大門2-5-5 住友芝大門ビル5F
電話番号03-5787-6802
トラックキング
会社名株式会社キャブステーション
住所〒169-0074
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー4階
電話番号03-6897-5896
ビジネスナビタイム
会社名株式会社ナビタイムジャパン
住所〒107-0062 東京都港区南青山3-8-38
ロジこんぱす
会社名株式会社システック
東京本社〒105-0014 東京都港区芝1-10-13芝日景有楽ビル9F
電話番号03-6435-2796
運びま専科
会社名キャルシステムソリューション株式会社
住所〒417-0011 静岡県富士市鈴川本町4-1
電話番号 0545-31-2882
株式会社エッグ
会社名株式会社エッグ
住所〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1
東京交通会館5F
光英システム
会社名光英システム株式会社
住所〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-6-11 西新宿KSビル3F
電話番号03-5324-0095
Cariot(キャリオット)
会社名株式会社フレクト
住所〒105-0023
東京都港区芝浦1丁目1番1号 浜松町ビルディング11F
Loogia(ルージア)
会社名株式会社オプティマインド (OPTIMIND Inc.)
住所
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2丁目11番30号セントラルビル9F
ODIN リアルタイム配送システム
会社名株式会社オンラインコンサルタント
住所220-0004
神奈川県横浜市西区北幸2丁目10−39 日総第5ビル 9F
電話番号045-306-9506
ブッキングブック
会社名株式会社ブッキングブック
住所〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング 9FWeWork
スグロジ
会社名ジオテクノロジーズ株式会社
住所〒113-0021 東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス

運行管理システム関連コラム

動態管理システム導入の効果とは?機能やメリット、導入のポイントなどを解説

動態管理システムとは、車両にGPS機能を搭載することで、社用車やトラックなどの動きをリアルタイムで管理するシステムのことです。運搬業や建築業、営業職などにおいて導入が進められています。

動態管理システムを導入することで、業務の改善や事故防止などのメリットが得られます。そこで今回は、動態管理システムの機能や導入することで得られるメリット、導入する際の注意点などについて詳しく解説していきます。

運行管理システムとは?導入に向けて基本知識を徹底解説!

運行管理システムとは本部と現場との連携を深め、よりスムーズな運行をサポートするシステムのことです。運行計画の作成や配車管理などの直接的な業務から事務的な業務まで、幅広く対応しています。

運行管理システムには大きく分けて、パッケージ型・カスタマイズ型・特化型の3種類があります。それぞれの機能を理解して、自社に合った製品を選ぶことが大切です。

そこで今回は、運行管理システムについて詳しく解説していきます。

運行指示書とは?作成方法や注意点を解説!
2024年問題とは?物流・運送業界が抱える課題と解決策について解説

【ジャンル別】運行管理システム

グーグルマップと連携できる運行管理システムおすすめ3選

社用車の位置をリアルタイムで確認できるのが「運行管理システム」です。運行管理システムのなかにはグーグルマップと連携できるものがあります。グーグルマップと連携できると、どんなメリットがあるのでしょうか。今回はグーグルマップと連携できる運行管理システムおすすめ3選について詳しくご紹介します。

デジタコと連携できる運行管理システムおすすめ3選

現代の運送業界では、デジタコと連携できる運行管理システムが不可欠です。なかでも運行データのリアルタイム管理や労務記録の効率化は、業務の最適化に欠かせない要素とされています。この記事では、デジタコと連携可能な運行管理システムの中から、おすすめの3つを紹介しているので参考にしてください。

バスにおすすめの運行管理システム3選

コロナ禍も明け観光業界も賑わいを取り戻しつつあるなか、バス業界にも活気が戻ってきています。大切な顧客の命を預かる仕事として、運行管理システムは重要な役割を担っています。本記事では、バスにおすすめの運行管理システム3選を詳しく紹介しますのでぜひ、参考にしてください。
指示らくネット

管理人情報の画像
おすすめの運行管理システムを紹介します

こんにちは。私は当サイトを運営している管理人です。現在、運送業界において運行管理システムの導入は必要不可欠です。システムにはさまざまな機能があるため、導入することで業務効率が上がります。


しかし、業者ごとにこだわりがあるためどのシステムを選べばよいか分からなくなるでしょう。最初は私も選ぶのに苦戦しましたが、業者ごとにどんな機能があるのかを把握することで自分に合う運行管理システムを見つけることができました。

「運行管理システムの選び方が分からない」「運行管理システムの選び方を知りたい」などの悩みを抱えている方は、ぜひ当サイトをチェックしてください!

【PR】運送会社が抱える課題を解決するシステムの魅力とは