PR

おすすめの車両運行管理システム5選を徹底比較

公開日:2024/05/10
運行管理システム 車両運行管理システム 5選

車両運行管理システムとは、企業の営業車やトラックなどの事業車両を安全に運用することと、管理を効率化するためのシステムを指します。導入することで、事故を未然に防ぐことやコストの削減が可能です。また、効率の良い配送が見えてくるため、生産性の向上にもつながります。この記事では、おすすめの車両運行管理システムを徹底比較し、選りすぐりの5社をまとめました。システムの基本情報や機能、タイプと選び方も詳しく解説します。車両運行管理システムを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

車両運行管理システムとは

車両運行管理システムとは、物流業界で使用される事業車両の安全と効率化を目的としたデジタルツールです。導入することで、手作業での運行管理が抱える多くのデメリットを解消できます。

例えば、さまざまな作業の自動化が進むため、従来よりも少ない労力で効率化できるほか、ヒューマンエラーを減らすことが可能です。システムは主にトラックやバスを対象に開発されていますが、鉄道や列車にも利用できます。

システムの形態は大きく分けると、インターネット上ですべてを完結できるクラウド型と、自社サーバーを構築してセキュリティを高められるオンプレミスの2種類です。

クラウド型は用意するものが特にないため、かんたんに導入できます。一方でオンプレミス型は自社サーバーの導入が必要なため、手間とコストがかかりますが情報漏洩のリスクを減少することが可能です。

車両運行管理システムはさまざまなものが提供されていますが、なかには無料体験を利用できるサービスもあります。

契約する前にテストすることも可能なので、どういったものか確かめてから導入したい方は無料体験を提供しているところを利用しましょう。システムを有効活用できれば、物流の効率化を図れるほか、業務の質を向上させることができます。

車両運行管理システムの機能

車両運行管理システムの機能は、サービスによってさまざまです。一般的な機能でいうと、位置情報の取得、走行距離の取得、到着時刻の予想、危険運転アラート通知、運転傾向分析、日報自動作成、配送ルートの最適化が挙げられます。

位置情報の取得

GPS技術を利用してリアルタイムで車両の位置情報を取得することが可能です。この機能により、フリートマネージャーは常に車両の正確な位置を把握でき、効率的なルート計画や緊急時の対応が可能になります。

走行記録の取得

車両の走行データを記録できるほか、距離、速度、停車時間などの情報を正確に提供してくれます。走行に関連するデータは、運転の効率化や燃料消費の最適化に役立つだけでなく、ドライバーの安全を確保するための目安になるでしょう。

到着時刻の予想

現在地から目的地までのルートを分析し、交通状況を考慮した到着時刻の予測を提供してくれます。導入することで、従来よりも正確なスケジューリングと顧客への情報提供が可能です。

危険運転アラート通知

加速度センサーなどを利用して危険な運転行動を検出し、リアルタイムで警告を発してくれます。ドライバーは常に安全意識を高められるだけでなく、事故のリスクを減らすことが可能です。

運転傾向分析

運転データを分析し、ドライバーごとの運転スタイルや傾向を評価することが可能です。収集された情報は、ドライバーが今後行うべきトレーニングや評価に利用できます。導入することで、企業全体の運転品質の向上を図れるでしょう。

日報自動作成

運転の日報を自動的に作成する機能があります。システムによって記録されるデータは多岐にわたり、運転時間、走行距離、燃料消費などの重要な情報を記録することが可能です。運転データを集約して日々の報告書を生成できるため、紙の日報を作成する手間が省けるほか、効率的なデータ管理を実現できます。

配送ルートの最適化

配送ルートを最適化する機能も提供してくれます。複数の配送先を考慮した後、もっとも効率的なルートを計算し、時間と燃料の節約を実現できるのが特徴です。リアルタイムの交通情報を利用してルートを動的に調整することで、ドライバーは常に最適な道を選べます。

車両管理システムのタイプと選び方(デバイス)

車両運行管理システムのタイプは、OBD-Ⅱポート型をはじめ、シガーソケット型、アプリ型、ドライブレコーダー型、デジタルタコグラフ搭載型の5種類があります。特徴はそれぞれ異なるため、理想や条件とマッチするものを選ぶことが重要です。

OBD-Ⅱポート型

OBD-IIポート型は、車の診断ポートに直接接続するタイプのデバイスです。車の運行データをはじめ、エンジンの状態などの詳細情報をリアルタイムでモニタリングでき、分析する能力があります。

簡単な取り付けで導入できるだけでなく、データをまとめられるほか、アクセスしやすいのが特徴です。車両運行管理システムを気軽に導入したい場合や、ドライバーにとってストレスにならないシステムを希望する場合に向いています。

シガーソケット型

シガーソケット型は、車のシガーライターソケットに差し込むことで使用するデバイスです。取り付けに手間がかからないほか、位置追跡や簡単な運行データを記録できます。

タイプとしては差し込むだけのシンプルな小型ソケット型と、ソケット電源を使用した設置型端末の2種類が一般的です。特別な知識も取り付けも必要ないため、簡単に導入できる点がメリットですが、ソケットの位置でGPSの感度が落ちる可能性もあります。

アプリ型

アプリ型は、スマートフォンやタブレットアプリを通じて車両データを管理するタイプです。専用のハードウェアを設置する必要がなく、GPSとデータ接続を利用して位置追跡や運行情報を提供してくれます。

使用するデバイスの充電が切れたり、誤った操作が増えたりする可能性はあるものの、安価で導入できて使いやすいのが特徴です。ただし、従業員からすると会社から常に監視されている感覚を抱くリスクがあります。

ドライブレコーダー型

ドライブレコーダー型は、ビデオ記録機能を備え、運転中の映像とデータを記録してくれます。事故発生時の証拠や運転挙動の分析に有効です。

市販されているドライブレコーダーとの違いは、記録された映像がクラウド上でリアルタイムに共有される点と、危険運転が発生した場合にアラートを出してくれる点が挙げられます。

コストは高くなるものの、ドライバーの安全性を確保したい場合にはおすすめのタイプです。

デジタルタコグラフ搭載型

デジタルタコグラフ搭載型は、運転時間、速度、停止時間などのデータをデジタルで記録してくれます。特に商用車での運行管理や労働法を遵守すべき場合におすすめです。

特徴としては細かな記録ができることや、労務管理機能を搭載していることが挙げられます。コストと導入するためのハードルが高い点がデメリットですが、正確な走行データを記録したい場合には最適です。

おすすめの車両運行管理システム(デバイス複数対応)

車両運行管理システムは、さまざまなものがあります。現在は高性能な製品が増えていますが、なかでも特におすすめで複数のデバイスに対応したものを5社ピックアップしました。各社の特徴をじっくりと比較して選びたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

SmartDrive Fleet(株式会社スマートドライブ)

SmartDrive Fleet(株式会社スマートドライブ)のメイン画像

基本情報

会社名株式会社スマートドライブ
住所〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-1-2 日比谷三井タワー12階(東京ミッドタウン日比谷)

SmartDrive Fleetは、誰もが直感的に扱えるユーザーインターフェースが特徴の、クラウド型車両運行管理システムです。アップデートは週1回のペースで実施されるため、常に安心して利用できます。

シガーソケットに装着するだけ利用可

SmartDrive Fleetは、車両のシガーソケットにデバイスを装着するだけで利用を開始できる手軽さが特徴です。複雑な配線や設置作業は不要で、すぐに運行管理を始められます。

スムーズな導入が可能な点は、多くの車両を管理する企業にとって最大のメリットです。導入する手間が省けるほか、さまざまなコストの節約につながります。現場の負担を減らしつつも、気軽に導入できるシステムを利用したい場合におすすめです。

運転診断機能でドライバーの運転の癖がわかる

運転診断機能は、ドライバーの運転習慣をこまかく分析できるほか、癖や改善点を明確に提示してくれます。ドライバーは自分の運転を客観的に理解できるようになるため、安全運転を促進することが可能です。

また、企業は運転診断データをもとに運転研修を計画したり、事故リスクの低減を図ったりできます。ドライバーの運転に悩まされている場合や、運転の質を全体的に向上させたい場合におすすめです。

走行履歴より問題点を可視化できる

各車両の走行履歴を収集・分析し、問題点を明らかにすることが可能です。走行データからは無駄な経路や時間帯、運転行動のパターンが可視化され、運行効率の最適化や燃費改善のための具体的な改善策が提案されます。

企業はシステムから得たさまざまな情報を利用して、事業のコスト削減やサービス品質の向上を実現することが可能です。走行に関して問題を抱えている場合や、全ドライバーの運転を改善したい場合に最適でしょう。

Cariot<キャリオット>(株式会社フレクト)

Cariot<キャリオット>(株式会社フレクト)のメイン画像

基本情報

会社名株式会社フレクト
住所〒105-0023 東京都港区芝浦1丁目1番1号浜松町ビルディング11F
電話番号03-5159-2090

Cariot<キャリオット>は、位置情報の取得と共有に強いクラウド型の車両運行管理システムです。臨場感あふれるリアルタイム性と正確な位置情報は、走行状況と業務状況の管理をスムーズにしてくれます。

車両位置がリアルタイムでわかる

車両の位置情報をリアルタイムで提供することが特徴です。位置情報の取得と共有は、業界最高水準のリアルタイム性によって実現されています。

システムから得られる正確なデータは、フリートマネージャーや運送業者の負担を減少させるほか、車両の正確な位置を常に把握することが可能です。また、効率的なルートの指示や緊急時の対応がスムーズにできます。

遅延を事前に知らせてくれる

配送計画を作成する機能が備わっており、配送の順序や目標到着時刻を設定することで、計画に基づいた進捗状況をスムーズに把握することが可能です。

運行管理システムでは、設定された到着時刻と実際の配送状況を比較できます。さらに計画に遅れが生じた場合、取得した情報をもとにあらかじめ設定された連絡先に自動でメール通知を送ることが可能です。

遅延が発生する前に迅速な対応を取れれば、取引きの信頼を失うリスクを回避できます。

ログイン不要で確認できる

契約者をはじめ、URLを共有されたメンバー全員がログインをすることなく情報を確認できます。URLを使用することで社外や外出中の従業員に対しても、車両のリアルタイムな位置情報や到着予定時間を共有することが可能です。

また、共有可能な情報はパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットからもアクセスできます。位置情報をさまざまなデバイスで共有できることにより、配送先では車の到着時間を事前に知ることが可能です。

到着に関する問い合わせは負担の典型ですが、システムを導入することで軽減されます。さらに会社やドライバーへの確認が不要になることから、顧客対応に集中できるでしょう。

KITARO(株式会社アクシス)

KITARO(株式会社アクシス)のメイン画像

基本情報

会社名株式会社アクシス
住所〒105-0003 東京都港区西新橋2-3-1 マークライト虎ノ門 8F
電話番号03-5501-1277

KITAROは車両運行管理システムが必要とされるさまざまな業界から導入されています。管理者はかんたんな操作で位置情報や走行記録をチェックできるほか、従業員は日報をオンライン上でスムーズに作成することが可能です。

独自の評価でドライバーの運転成績をランキング化できる

ドライバーの運転スタイルを独自の基準で評価し、成績をランキング化する機能を提供してくれます。企業はドライバーの運転行動を客観的に評価できるほか、運転品質の向上を促進することが可能です。

運転成績のランキングシステムはモチベーションの向上に影響するため、安全な運転習慣をドライバー間で促進する効果を期待できるでしょう。他にもさまざまな相乗効果を期待できます。

リアルタイムで走行距離を把握できる

KITAROの車両運行管理システムを用いることで、企業は車両の走行距離をリアルタイムで把握できます。取得した情報は、車両の維持管理計画の精度を向上させるだけでなく、効率的なルートを選ぶ上でも貢献してくれるでしょう。

リアルタイムで走行距離を把握できるようになると、燃料コストの削減や運行効率の最適化など、さまざまなヒントを入手することが可能です。事業にも良い影響を与えてくれます。

幅広い業種とニーズに対応

数ある車両運行管理システムのなかでも、柔軟性に優れています。提供されるサービスと機能は、多岐にわたる業種やさまざまな運輸でのニーズに適応することが可能です。要求や状況にマッチしたパフォーマンスを発揮してくれます。

小規模ビジネスから大規模な物流企業まで、さまざまな希望に応じたカスタマイズができる点は大きなメリットです。業界を問わず、幅広い企業に対応する汎用性の高い車両運行管理システムになります。

LINKEETH(NTTコミュニケーションズ株式会社)

LINKEETH(NTTコミュニケーションズ株式会社)のメイン画像

基本情報

会社名NTTコミュニケーションズ株式会社
住所〒100-8019 東京都千代田区大手町2-3-1 大手町プレイスウエストタワー
電話番号0120-003300

LINKEETHは、NTTコミュニケーションズ株式会社が提供する法人を対象としたクラウド型の車両運行管理システムです。

通信型ドライブレコーダーをもとに、運転の記録やサポートを期待できるほか、精度の高い運転診断ロジックが搭載されています。

10万台を超えるシリーズ導入実績

高い実績と信頼性を背景に、10万台を超える車両に導入されているクラウド型の車両運行管理システムです。採用している企業は3,000社にも及び、実績は多岐にわたる業種から認められています。

ありとあらゆる要求に応えられる技術力とサポート力は、簡単に真似できるものではありません。LINKEETHは企業の車両管理ニーズに対して、信頼性の高いシステムとして認識されています。

AI機能を搭載している

最先端のAI技術を駆使することで、リアルタイムでのデータ解析と運転行動の最適化を実現しています。AIによって運転行動のパターンから最適なルート提案まで、多岐にわたる情報を分析することが可能です。

さらには運転を改善するための具体案をドライバーに提供してくれます。ドライバーはその情報によって、運転スキルを向上させるヒントを得られるほか、運行効率を高めることが可能です。

日常運転のクセを分析してくれる

個々のドライバーの運転習慣を詳細に分析し、改善すべき点を明確に指摘してくれます。日々の運転データをもとに、安全性や燃費効率を損なう可能性のある運転クセを特定することが可能です。

個別のフィードバックを提供してくれることで、ドライバーは自身の運転技術を客観的に把握し、持続的な改善を図れます。

ロジこんぱすLite(株式会社システック)

ロジこんぱすLite(株式会社システック)のメイン画像

基本情報

会社名株式会社システック
住所〒892-0848 鹿児島県 鹿児島市 平之町13-32
電話番号099-216-3330

ロジこんぱすLiteは、シガーソケット型とOBD-Ⅱポート型の2種類が提供されているクラウド型の車両運行管理システムです。位置情報をはじめ、車両データ、日報の自動作成など基本的な機能を搭載しています。

さまざまな管理をタッチパネルで簡単に行える

タッチパネルインターフェースを活用して、車両の運行管理を直感的かつ効率的に行える設計が特徴です。ユーザーは車両の状態や運行状況を瞬時に確認できるほか、必要な操作をスピーディーに実行できます。

運転中の目線の移動を最小限に抑えられる

運転中の安全を考慮し、ドライバーが前方に集中できるよう設計されています。目線の移動を最小限に抑えることで、事故のリスクを減らし、より安全な運転を支援できるのが特徴です。

メッセージを音声で読み上げてくれる

メッセージを音声で読み上げる機能を搭載しているため、運転中に視覚情報から注意が逸れることなく、重要な通知や指示を受け取ることが可能です。ドライバーは道路と運転に集中できるため、運行の効率と安全性が向上します。

まとめ

車両運行管理システムには、さまざまなサービスがあります。製品によって搭載されている機能やタイプは異なるので、希望する条件やデバイスにあわせて最適なものを選びましょう。

また、導入する際に注意すべきポイントはシステムの形態です。インターネット上ですべてを完結できるクラウド型はすぐに導入できます。

一方で自社サーバーを構築するオンプレミス型は、導入に手間がかかるもののセキュリティを強化することが可能です。

いま抱えている問題や理想の運行管理をもとに、各社の製品を比較しながらベストになるものを検討してみてください。

こだわり別!おすすめの運行管理システム

管理人情報の画像
おすすめの運行管理システムを紹介します

こんにちは。私は当サイトを運営している管理人です。現在、運送業界において運行管理システムの導入は必要不可欠です。システムにはさまざまな機能があるため、導入することで業務効率が上がります。


しかし、業者ごとにこだわりがあるためどのシステムを選べばよいか分からなくなるでしょう。最初は私も選ぶのに苦戦しましたが、業者ごとにどんな機能があるのかを把握することで自分に合う運行管理システムを見つけることができました。

「運行管理システムの選び方が分からない」「運行管理システムの選び方を知りたい」などの悩みを抱えている方は、ぜひ当サイトをチェックしてください!

【PR】運送会社が抱える課題を解決するシステムの魅力とは