PR

ビークルアシスト

公開日:2023/10/04 最終更新日:2024/01/30
ビークルアシストのメイン画像

基本情報

おもな機能危険挙動の可視化、安全運転支援レポート、日報の自動作成など
Googleマップとの連携記載なし
問い合わせメールフォーム
会社情報パイオニア株式会社
東京都文京区本駒込2-28-8文京グリーンコート

ビークルアシストは、事故防止・安全運転の促進から車両管理業務の効率化まで、ドライバーと企業の生産性を向上するための運行管理システムです。

無事故に向けた徹底的な管理はすべてデータで行うため、確実性が高く初心者でも安心して使いこなせます。また可視化した管理は、非常にわかりやすく把握しやすいでしょう。

今回はそんなビークルアシストの魅力や特徴を詳しく紹介します。

ビークルアシストの特徴①車両管理に関する悩みを解決

ビークルアシストの画像2ビークルアシストは、効率的な車両管理業務と営業・生産性向上を追求した運行管理システムです。「BOXIL SaaS AWARD 2023」では運行管理システム部門1位を獲得しており、膨大なデータを手軽に管理・活用できると高い評価を得ています。

利用できるサービスは、主に5つ挙げられます。

安全運転指導を自動化

危険挙動の可視化・危険運転への警告・安全運転支援サポートなど、毎日の運転を安全に守ってくれる機能を装備しています。万が一危険を察知したときは管理者にも同時通知されるので、安全運転意識の向上にもつながるでしょう。

また、安全運転支援レポートでは運転傾向や車両利用状況などから分析し、的確かつわかりやすく表してくれるため、指導ポイントが見つけやすいのがメリットです。

前日の運転評価を通知するサービスによって、ドライバーの質を向上する効果も得られるでしょう。

車両管理業務の効率化

業務管理を効率よく徹底して行うことが可能です。

たとえば、長時間労働・日報作成・緊急事態などが挙げられます。管理業務は、アナログだとどうしても手間と時間がかかってしまいます。ビークルアシストならすべてデータ化してくれるので、業務内容の見直しや業務実績の把握など簡単に行えるでしょう。

主な機能は、日報・月報やレポートの自動作成、車両位置の把握など、ニーズに合わせたそのほかの端末も利用可能です。日報・月報は高精度な走行ログデータをもとに、休憩時間・業務内容・訪問先の名称を自動作成し、各ドライバーの記録を一括印刷します。

レポートの自動作成は、走行状況や運転評価、訪問先などから集計を行います。業務のムラ・ムダを失くすので、管理の負荷を大幅に減らし対策にも活用できるでしょう。

また車両位置をリアルタイムに把握する動態管理は、地図上にわかりやすくアイコン表示されるためひと目でわかりやすいのがメリットです。

生産性の向上

動態管理・走行履歴レポート・通知エリア機能・コース作成など、現状を可視化することで生産性の向上につながります。とくに巡回・配送コースの作成に手こずっている方や、迅速かつ確実に配送したい方などに効果的で、最短・最適なコースを自動作成してくれます。

また作成したコース地点から訪問先ごとに対応端末に送信できるため、事前確認する必要がありません。

さらに、経験の浅いドライバーを「カーナビ誘導」「大型車考慮検索」「危険運転警告」などの機能を使って、即戦力化することも可能です。ベテランドライバーがいなくても1人で業務を遂行できるようになるので、ドライバーが少ない企業にとっては非常にありがたい機能でしょう。

ほかにも、顧客からの問い合わせや緊急時でもスムーズに対応できる「コース進捗管理」「通知エリア」や、近年導入された「アルコールチェック管理」なども利用できます。アルコールチェック管理は、2022年4月から義務化された白ナンバー社有車のアルコールチェックによって誕生しました。ビークルアシストとアルコール検知器をスマホアプリで連携することで、企業リスクも軽減できるでしょう。

ビークルアシストの特徴②ニーズに合わせたハードウェア

ビークルアシストの画像3ビークルアシストは、ニーズに合わせて「通信型ドライブレコーダー」「カーナビゲーション」の導入も可能です。それぞれのハードウェアを併用することで、事故リスクを見える化し、運行管理の効率と確実性をアップさせることができるでしょう。

通信型ドライブレコーダー

夜間でも鮮明に映像録画ができ、事故リスクを低減する機能を搭載したTMX-DM03A-VAは、AIを活用してドライバーのわき見運転を検知・警告してくれます。あおり運転予防も搭載しているので、安心かつ安全な運行業務が行えます。

またスタンダードモデルとして、厳罰対象のあおり運転を予防するTMX-DM04-VA‐FC/RCも選択できます。音声・画面・LED点滅でわかりやすくお知らせしてくれるので「うっかり」もしっかり防いでくれるでしょう。

それぞれ、用途に合わせて4機種から選べます。

カーナビゲーション

カーナビゲーションは、訪問コースや業務指示の徹底を図るAVIC-BZ501B-VA2V/AVIC-BX500-4B-VA2Vの2種類から選択できます。

どちらも高性能なので、初心者でも安心して巡回・配送が行えるでしょう。

ビークルアシストの特徴③選べる3つの料金プラン

ビークルアシストの画像4ビークルアシストは、ニーズに合わせて「購入」「レンタル」「リース」の3つの料金プランから選ぶことができます。

それぞれの特徴は以下のとおりです。

端末購入プラン

車載器を購入し、月額サービス利用料を支払うプランです。初期登録料+対応車載器購入費用が必要になりますが、通信料込の1,078円(税込)から利用できるので、月額費用を抑えたい方にはお得でしょう。機器を減価償却したい方にもおすすめのプランです。

端末レンタルプラン

その名のとおり、車載器をレンタルして使用するプランです。

サービス料もまとめて支払うので、初期費用を抑えることができます。機器を保有したくない方にも利用しやすいでしょう。

リースプラン

端末購入費用0円+車載器リース料&月額サービス料のみのプランです。初期費用を抑えながら中長期的に利用したい方に向いており、請求はリース会社になります。

リース期間によって料金は異なりますが、たとえば3年リースなら37か月以降は月々の支払いがサービス料+再リース料だけでいいので、グンと下がります。

利用までの流れ・サポート

どの端末が最適なのか、まずは打ち合わせを行います。仕様に納得したら契約をし、製品が届くと設置・設定をして利用できるようになります。

万が一設置・設定がわからない場合は、専門スタッフが対応してくれるので安心です。動画・オンラインセミナーでしっかりサポートしてくれるので、はじめての方でも安心して導入できるでしょう。トラブルもバックアップしてくれます。

まずはお問い合わせしてみよう!

ビークルアシストは、運行業務や管理業務の効率化を図り、安心安全に巡回・配送が行える運行管理システムです。近年減少しているドライバーの負担を軽減するために、運行業務・日報作成などをデータ化し、車両管理がスムーズに行えるようになります

またリアルタイムな稼働確認によって、新人ドライバーでもベテランのサポートなしで業務遂行が実現できます。充実した機能やニーズに合わせて利用できるハードウェアは、より業務のムラ・ムダも減らせるでしょう。

そんなビークルアシストが気になる方は、メールで気軽に問い合わせてみてください。資料のダウンロードも可能です。

ビークルアシストの口コミ・評判

安心して外回りの運転が可能(匿名のユーザーさん)
安心して運転業務に繋げられるツールを探していましたが、導入してみて事故防止につながる対応が多くこの評価にさせていただきました。安全運転につながる指導レポートや、しっかりとしたドライブレコーダーなど何事もトラブルは未然に防ぐことで、毎日の業務を効率的にこなすことにつながっています。
引用元:https://boxil.jp/
運営者コメント

ビークルアシストの強みは事故防止のための機能が豊富に搭載されていることですが、実際に導入したこちらの方もやはり事故防止のための機能が優れていると感じたようですね。指導レポートやドライブレコーダーといった機能のおかげで、安全かつ効率的に業務をこなせていることが伺えます。安全を第一に考えるなら、最適なシステムといえるでしょう。

迷った方はこのシステムがおすすめ!

指示らくネット

指示らくネット

指示らくネットは、Googleマップと連携して運行計画を簡単に作成することができます。運行のスケジュールや見積もりなどのシミュレーションが行えるため、指示書作成の手間を大幅に削減することが可能です。法令順守チェック機能も搭載されており、その内容に基づいてアラート通知もしてもらえます。

こだわり別!おすすめの運行管理システム

管理人情報の画像
おすすめの運行管理システムを紹介します

こんにちは。私は当サイトを運営している管理人です。現在、運送業界において運行管理システムの導入は必要不可欠です。システムにはさまざまな機能があるため、導入することで業務効率が上がります。


しかし、業者ごとにこだわりがあるためどのシステムを選べばよいか分からなくなるでしょう。最初は私も選ぶのに苦戦しましたが、業者ごとにどんな機能があるのかを把握することで自分に合う運行管理システムを見つけることができました。

「運行管理システムの選び方が分からない」「運行管理システムの選び方を知りたい」などの悩みを抱えている方は、ぜひ当サイトをチェックしてください!

【PR】運送会社が抱える課題を解決するシステムの魅力とは